広告 NURSE 精神看護師

精神科看護師へ転職【この無料ガイドブックが未来への第一歩!!】

2023年9月14日

「精神科看護師の転職したいと思うけど、まず何から始めればいいだろう…」

こういった疑問にお答えします。

  本記事の内容

  本記事の信頼性

  • この記事を書いた人

オッシー(ブロガー)

・元精神科看護師
・公認心理師と精神保健福祉士の資格保有
・はじめての転職サポートブック取得済み

本記事を書いてる私は、精神科急性期病棟で13年間看護をしてきました。

今回は精神科に転職するには「まず何から始めればいいか」をご説明します。

  本記事の結論

答えを先にお伝えすると、「はじめての転職サポートブック」の入手をおすすめします。

この本はあなたが精神科へ転職するのに必要なノウハウが詰まったガイドブックです。
まずはこの本を地図にして転職の全体をつかみましょう。

それではここから掘り下げて解説していきます!!

  本記事の透明性

精神科への転職成功に役立つ情報を提供します。
また、あなたが転職サイトを利用する際に、私に報酬が発生する可能性があることを事前にお伝えしておきます。

1. 精神科看護師に転職するならまず「はじめての転職サポートブック」を入手

繰り返しですが、まずは「はじめての転職サポートブック」の入手をおすすめします。

  3つのメリット

  • 無料
  • 迷わない
  • 信頼できる

メリット①:無料

まずはじめての転職サポートブックは無料です。

はじめての転職サポートブック全員に無料プレゼント

看護roo!

私自身もこの本を無料で入手し、その価値を実感しています。

メリット②:迷わない

転職はやることが多く手順も複雑です。しかしこの本を読めば、迷わず正しい手順で進められます。

この本は転職に必要な情報が完全に網羅されていて、手順もわかりやく具体的に書かれてます。

  この5つの手順は必見!!

  • 自分に合った求人の探し方3ステップ
  • 求人表の見るべきポイント9つ
  • 履歴書の書き方のコツ8つ
  • 面接で好かれる3つの法則
  • 円満退職の4つのポイント

  失敗しないためNGも必読!!

  • 履歴書で書いてはいけない特技2つ
  • 面接で印象を悪くする回答例9つ
  • 退職トラブル5つ

役に立つ内容いっぱいなので、厚さはこれくらいです。

1ページずつ読んでいけば「転職迷子」にならず正しい方向に最短で進んでいけますよ。

メリット③:信頼できる

はじめての転職サポートブックは信頼性も高く安心です。

この本は看護roo!という「編集部」が書いています。看護roo!とは2009年から看護師転職サポートをしているサービスで、10年以上の実績があります。そしてその編集部が執筆してるので、イチ個人が書いたノウハウ本とは異なります。

例えばこの本には6175人の看護師へのアンケート調査といった内容もあります。私の手元にあるのは「2022年10月 初版」で情報も新鮮です。

よくある疑問:他の方法もあるのでは?

「転職は何から始めればいい?」の答えは1つじゃありませんね。

例えば「まず精神科に転職した看護師の体験談を聞く」も良いアイデアだと思います。

しかし「はじめての転職サポートブック」があれば、その一つ一つの体験談ではカバーしきれない情報も盛り込まれているので、手元にあると頼りになります。

転職系の本は他にもありますが、看護師転職に特化して、実績のあるサービス編集部が書いた本はこれだけです(しかも無料!!)

というわけで、転職は何から始めるの答えは、はじめての転職サポートブックです。

2. 「はじめての転職サポートブック」を入手する際のお知らせ

はじめての転職サポートブックを手に入れるには、看護roo!の転職サイトの登録が必要です。しかしこの登録にも多くのメリットがあります。

お知らせ①:登録無料

サイト登録も完全無料です。

公式サイトにも無料と書いてあり、私も無料でした。退会料 or キャンセル料もありません。

お知らせ②:個人情報が守られている

このように書いてあります。

いただいた個人情報は大切に管理し、弊社の転職サポート以外の目的で使用したり、第三者に許可無く開示・譲渡することはいたしません。

看護roo!

私も個人情報はもれていません。職場から電話などもないです。

お知らせ③:電話で個別サポートしてもらえる

登録すると看護roo!の担当者(キャリアアドバイザー)から電話があります。

これはいまのあなたの個別の質問や相談に乗ってもらえる機会です。

私は担当者さん(40代の男性)に「最寄り駅が〇〇ですが、近くの精神科病院はどんなところがありますか?」と聞きました。

  電話の後に届いたメール(自宅あたりの精神科病院)

お知らせ④:強引な勧誘はない

転職に迷っている段階でも登録は問題ありません。

私も情報収集のために登録しましたが、強引な勧誘は受けていません。

お知らせ⑤:2週間かかるけど確実にもらえる

郵送で届くまでに約2週間ほどかかりますが、”現時点”では確実にもらえます。

よくある疑問:ハナシがうますぎる・・・

本も登録も無料だとあやしいですよねw

まず私たちが無料の代わりに、看護roo!は病院や施設からちゃんと報酬をもらっています。本が無料な理由は、おそらくですがライバル会社と差別化するためです。私が知る限り特典をつけている会社は看護roo!だけです。

とはいえ、いつまで無料プレゼントが続くかはわからないので、お早めに!!

というわけで、サポートブックを手に入れるには看護roo!転職のサイト登録が必要ですが、サイト登録も無料なので安心です。

»無料で「はじめての転職サポートブック」を手に入れる

3. 【13年間の経験から】精神科看護師になるときに気をつけたい3つのポイント

最後に精神科に転職するさいの3つのポイントをお伝えして終わります。

  • 慢性期と急性期の違い
  • 病院にこだわる必要はない
  • 残業代が出るかどうか

精神科転職のポイント①:慢性期と急性期の違い

病院を考えている人にとっては、最重要ポイントです。

精神科病棟には慢性期と急性期があって、看護師の向き不向きが真逆になります。

慢性期向き急性期向き
刺激はあまり好きではない刺激が欲しい
ゆっくり働きたい忙しい方がやりがいを感じる
患者さんとゆっくり話がしたい精神科ならでは医療処置をしたい
医療処置とは隔離拘束、鎮静処置など

私の職場は急性期病棟でした。ですので「精神科 = 患者さんとゆっくり話ができる」というイメージで転職してきた多くのスタッフは、現実とイメージのギャップに苦しみ退職していきました。もちろんそのスタッフがダメだったわけではなく、ただ違いを知らなかっただけ。

どうか慢性期と急性期の違いだけは見落とさないでくださいね!!
見分け方は精神科の就職で失敗しない最重要ポイント1つ【看護師歴13年が解説】で説明しています。

精神科転職のポイント②:病院にこだわる必要はない

精神科なら病院にこだわる必要はありません。

病院以外にも働ける場所は多く、そこから自由に選べます。

  精神科の領域(病院以外)

  • 精神科デイケア
  • 精神科訪問看護
  • 精神科クリニック
  • 高齢者施設

過去の私は「病棟看護師以外は看護師ではない」という超絶ヤバイ思想をもって、病院以外で働くことを自分にも他人にも許しませんでした。精神科の訪看ステーションへ転職したスタッフに対して「あぁ、、、あいつは負けた…」と心の中で思っていました。

ぜひ過去の私のようにならず、自分に合った領域を選んでくださいね!!

精神科転職のポイント③:残業代が出るか

特に急性期病棟を考えている人は、残業代が出るかチェックです。

急性期は24時間救急対応が必要で、残業は避けられません。

例えば退勤30分前に救急車が到着すれば、もう残業が確定です。20代の看護師の時給はザックリとした計算で1500円。毎日2時間の残業だと月に6.6万円にもなります。

もちろん職場の立地、福利厚生、教育制度が、残業代なしのデメリットを上回ることもあります。しかし過去の私のように「残業代は出るのが当たり前」だと思い込まずに、事前にチェックだけはしておきましょうね!!

残業代が出るかどうかは、看護roo!の担当者がリサーチしてくれますよ。

まとめ

精神科で気をつけたいポイントはまだまだありますが、過去自分の失敗をふまえると、「急性期と慢性期の違い」「病院にこだわらなくてOK」「急性期なら特に残業代チェック」が大切なポイントです。

それでは、、、最初にやるべきは、小さな行動です。人生を少しでも良くしたい、変えていきたいなら、まずは小さな行動からです。明日やろうはバカ野郎という言葉もありますよね? 今日というより「今この瞬間」に、はじめての転職サポートブックを手に入れましょう!!

応援しています(`・ω・´)ゞ

»無料で「はじめての転職サポートブック」を手に入れる

-NURSE, 精神看護師