NURSE 静穏退職

看護師のベスト退職時期はお金をガッツリもらえるこの2つで決まり

2022年10月25日

「もう看護師を辞めたい・・・でもいつ辞めるのがいいかわからない」

今まさに退職を考えている看護師の方へお答えします。

こんにちは(ペコリ😌)
公認心理師のオッシーといいます
サイト訪問ありがとうございます
さっそくですが…

本記事を読むメリット:
ガッツリお金がもらえる退職時期がある。
退職しなくてもラクして稼げる職場がある

  目次:お好きなとこだけどうぞ(目安3分)

  • この記事を書いた人

オッシー

精神科救急ナース13年経験 | 現 個人事業主ライター | 資格: 公認心理師 + 精神保健福祉士 | 看護師ならサービス残業は当たり前と13年洗脳されていました。 いま看護業界からサービス残業を消す方法を考えています。

「ツラい…今すぐ辞めたい」という人はこちら
»【看護師限定】 お金を払ってでも今すぐ退職したい【1つ方法あります】

1. 看護師のベスト退職時期はお金がガッツリもらえるこの2つ

「あ、やっぱり・・・」と思うかもですが、ベストは6月と12月です。
お気づきのとおりでして、、、ボーナスです。

  看護師のベストな退職時期

退職時期退職を伝える時期理由
6月3月夏季ボーナス
12月9月冬季ボーナス

例えばの金額がこちら(タップで拡大)

私自身、冬のボーナスをもらって12月に退職しようとしました。

がめいついと思ったかもですが、、、すいません事実です・・・
上司からしたら、私はボーナス泥棒。
同僚は「あの人も結局、カネか」って思ったかもです。

でも、これって私だけじゃないと思いますが、退職を決めてる人はもうとっくに限界を超えてるんです。
なぜなら給料の何倍の働きをしてるから!!(サービス残業とかサービス残業とか!!)

だから、6月か12月ボーナスをもらえる時期に退職です。

残業代がもらえなかったんです。
もらえなかったものをもらえず、もらえるものすら手放すのはおかしい!!

でも6月や12月以外はダメなんてことはありません。

2. 【断言】看護師に避けるべき退職時期なんてない

”世間的な常識 ”で言うと、こちらの時期は避けるべきと言われています。

  避けるべき退職時期

  • 年末年始、夏季休暇の時期
  • 学会など大きなイベント中
  • 産休に入る看護師がいる時

もちろん、気持ちに余裕があるなら、こうした退職時期を避けた方が円満退職できると思います。
でも、そんな人ばかりなワケないですよね・・・

だから辛いときはどんな時期でも辞めていい、と私は思います。

無責任に聞こえてしまったら、ごめんなさい。
でも、あまりにも世間の常識や声に壊されたスタッフをみてきたので・・・

心ないク◯上司はスルーしてしまえ

もちろんタイミングの悪い時期に退職しようとすると、心ないク◯上司が怒り散らし人格否定してきます。
でも今は昭和じゃありません。そんな上司と顔を合わせず、スパッと退職できるサービスがもうあります。
無料相談あり【退職代行ガーディアン】(公式サイト)

会社への連絡はガーディアンが代行いたしますので、もう社長や上司と話す必要はございません。退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。
辞められないというケースは過去一度もありません。法律に則って交渉するので大丈夫です。うるさい会社の場合は当組合が団体交渉を起こして、あなたを守ります。

【退職代行ガーディアン】

3. 【退職時期より重要】看護師ならラクして稼げる職場はいくらでもある

バリバリ働いている看護師には怒られるかもですが、ラクして稼げる職場は事実です。
病院で働く苦痛は、なにも退職しなくても消せます。
例えば、13年精神科急性期で働いていた私はこうでした。

  病院の苦痛

  • 夜勤:生活リズムがボロボロ
  • 救急対応:毎日休む間もない
  • 高齢者の介助:精神科の仕事ができない

こんな感じの生活が10年以上続いきまして・・・
もう終わりしようと思い「退職します」と上司に言いました。
そしたら突然と「クリニックで働いてみないか?」と言われました(引き止め?)

私の病院には同じ系列のクリニックがあったんです。
(恥ずかしながら視野が狭くて、クリニックで仕事するって発想がそれまで浮かびませんでした)

それから、引き継ぎをした2か月後に本当にクリニックへ行きました。
そうしたらこうなりました。

  • 夜勤なし:毎日家の布団で眠れる
  • 救急対応なし:救患が来ないってこんなにラクなんだ…
  • 身体介助なし:患者さんとじっくり話せる

「夜勤のない生活ってこんなに身体が軽くなるんだ」って感動したのを今でも覚えています。
夜勤を辞めたら、本来の自分に戻った感じです。

もちろん夜勤手当がなくなって給料は減りました。
でも、無職になって収入ゼロの恐怖と比べたら、給料2,3万減るなんてかすり傷すらならない。

どこで働こうとも看護師は看護師

看護師ならラクして稼げる職場はいくらでもあります。
もし夜勤がつらい、あるいは人間関係にもう我慢できないなら、もっとラクな職場があります。
そのうちの1つがクリニックです。

もちろん自力ではそんな職場をなかなか見つけられません。
でも、自分に合った職場をプロに探してもらえるサービスを使えば、いくらでも見つかります。
例えばこんな感じです。

看護学校の同期に勧められて、転職サイトに登録。凄腕の担当者さんが付いてくれ、おんぶにだっこ。

ホワイト病院に拾っていただけることに。
その後、3年勤めていますが、本当に運がよかった。

今の師長はとにかく優しいです(聖人みたいな方)
先輩達にも仲良くしてもらっています。

新卒看護師がブラック病院をクビになった話 看護師の転職を考えるきっかけとは?

サービスは全て無料なので下記の公式サイトから、自分の希望する働き方(夜勤なし / 日勤のみ)で登録してみてください。
どのサイトも2、3分で終わります。

  【無料】新しい職場探しに使える公式サイト3つ

はじめてで迷ったら、看護のお仕事をオススメします。
求人が10万件以上あるので、夜勤なしの職場がないわけない。

病院でしか働いたことのない看護師は、過去の私みたいにこんなラクな職場があるって気づけます。
今の苦痛は消せます。無職になる必要はありませんよ。

参考 / 引用
【退職代行ガーディアン】
新卒看護師がブラック病院をクビになった話 看護師の転職を考えるきっかけとは?

もし登録が不安だったらこちらをどうぞ
私もビビりながら登録しましたwww

  • この記事を書いた人

オッシー

精神科救急ナース13年経験 | 現 個人事業主ライター | 資格: 公認心理師 + 精神保健福祉士 | 看護師ならサービス残業は当たり前と13年洗脳されていました。 いま看護業界からサービス残業を消す方法を考えています。

-NURSE, 静穏退職